【東海S】オーヴェルニュV 川田「もともと能力は高かった」

[ 2021年1月24日 20:45 ]

<中京競馬・11R 東海S>東海Sを制した川田騎乗のオーヴェルニュ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中京競馬で24日に行われたダートG2「第38回東海S」はオーヴェルニュ(牡5=西村、父スマートファルコン)が3連勝、重賞初挑戦で初Vを決めた。

 鞍上の川田は「流れが速かったので手応え良く追走できました。我慢するより進んで行く方が楽だと思い、先のことを考えず勝ちにいく競馬をしたらあの形になりました。もともと能力は高かったです。コントロールが難しいので、クラスが上がった方がレースはしやすくなると思っていました」と振り返った。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月24日のニュース