秋山真一郎騎手、第一腰椎破裂骨折で全治3カ月の見込み「万全で復帰を」 28日調教で落馬

[ 2020年10月30日 17:00 ]

秋山真一郎騎手
Photo By スポニチ

 28日の調教で落馬した秋山真一郎(41=栗東・フリー)が、第一腰椎破裂骨折していたことが30日、分かった。28日に手術を受けており、全治には3カ月を要する見込み。年内の騎乗は不可能となった。

 秋山真は「手術はうまくいきました。今年の騎乗ができないことは残念ですが、しっかりとリハビリして、万全の状態での復帰を目指します」と話した。14年から続いていた重賞制覇は6年連続でストップすることとなる。

続きを表示

「2020 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2020年10月30日のニュース