【オールカマー】ミスターX ジェネラーレウーノ◎長期休養明けでも逃げ切り十分

[ 2020年9月27日 05:30 ]

 オールカマー(中山11R)はジェネラーレウーノを本命に指名する。ここが約1年8カ月ぶりの復帰戦。長期休養明けとなるが、圧倒的1番人気が予想されたフィエールマンが回避した今回のメンバーなら、一発があってもおかしくない。

 中山芝は【3・0・1・1】と好相性で、同舞台での18年セントライト記念Vの実績を持つ。水曜日の追い切りは坂路単走で4F53秒1。ラスト1Fはしっかり追われて反応し、11秒7と鋭く伸びた。このひと追いで久々の実戦に向けてグンと調子も上向いたように見える。このメンバーなら単騎逃げが見込めるし、今の中山は前が残る馬場。逃げ切りの可能性も十分ある。(5)から(1)(2)(3)(7)(8)。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月27日のニュース