ばんえい帯広 11日開催から競馬場入場再開へ!JRAの馬券発売は行わず

[ 2020年7月7日 05:30 ]

 ばんえい帯広競馬を主催する帯広市は6日、11日の開催から帯広競馬場に観客を入れて開催することを発表した。同競馬は新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月29日から無観客で行われていた。地方競馬の場外発売場などでは既に順次、営業を再開しているが、競馬場にファンが入場できるのは中央、地方通じて初めてとなる。なお、ばんえい競馬や地方競馬の他場発売・払い戻しを実施するが、JRAの馬券発売は行わない。また、検温を実施し、マスクを着用していない場合は入場できない。

 帯広市農政部ばんえい振興課の佐藤徹也氏は「国の緩和基準など周囲の状況を考慮しながら、少しでも早い再開をと準備を進めていました。ばんえい競馬は生観戦が魅力です。対策は万全を期していますがファンの皆さまにも外での観戦などを心掛けてもらいたいと思います」とコメントした。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年7月7日のニュース