【下関・G1競帝王決定戦】“水を得たなまず”馬場「直線が良さそう」

[ 2020年4月4日 05:30 ]

馬場貴也
Photo By スポニチ

 馬場貴也が得意水面に登場だ。地元びわこで“なまず王子”の異名を取る湖国のSG覇者。実は下関も大得意。過去5年で7節走って6優出。前回19年9月一般戦では優勝。周年でも17、18年と連続優出。“水を得たなまず”状態だ。

 引いた36号機の手応えについては「そのまま乗って直線が良さそう。チルトマイナスにしたらターンが良くて班でも変わらずだった」とコメント。慌てる様子もなく、さすがの余裕。初日は4R5枠、9R2枠で登場。海響ドリームナイターで、なまずプリンスが鮮やかに輝きを放つ。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2020年4月4日のニュース