【大阪杯】傾向と対策

[ 2020年4月4日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気【4・2・2・2】、2番人気【2・2・2・4】。上位人気の信頼度は高いが、6~9番人気も【3・5・1・30】と伏兵の激走にも注意が必要だ。

 ☆年齢 4歳馬【5・3・4・23】、5歳馬【4・4・2・25】。4、5歳が圧倒的。6歳馬は1勝、7歳以上は2着が1回と苦戦傾向。

 ☆前走 有馬記念【2・2・3・8】、中山記念【2・2・0・15】、金鯱賞【2・1・1・11】。着順を問わずG1、G2組が連対の8割を占めている。

 結論 ◎ダノンキングリー ○ラッキーライラック ▲サトノソルタス

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年4月4日のニュース