【日経賞】AI予想 抜群の距離適性レッドレオン◎ スワローと“一騎打ち”

[ 2020年3月28日 05:30 ]

 競馬予測人工知能(AI)「SIVA(シヴァ)」が今週からバージョンアップ。メインレース予想と、当日の全レースの中から厳選したイチ推しの「ワイド1点勝負」を公開します。 日経賞

 リニューアル初日の中山メインは日経賞。指数トップは2頭が79で並んだが、◎は(4)レッドレオン。前走の日経新春杯は惜しくも2着だったが、距離適性が抜群。藤岡佑と初コンビでも好勝負は必至。◯ミッキースワローも能力は◎と五分。一騎討ちと予想する。

 新たにスタートする「ワイド1点勝負」は、本日の全レースで指数1&2位の馬の合計指数が最も高い中山5R。(14)イザラと(15)グランエクセレントは共に同舞台の前走を好内容で2着。他の14頭とは力差が歴然だ。

 ≪日経賞の指数≫
(1)サトノクロニクル68点
(2)マイネルカレッツァ10点
(3)ポンデザール26点
(4)レッドレオン79点
(5)ヤマカツライデン17点
(6)ウインイクシード75点
(7)ソウルスターリング66点
(8)エタリオウ44点
(9)ガンコ8点
(10)モズベッロ71点
(11)サンアップルトン72点
(12)スティッフェリオ34点
(13)アイスバブル51点
(14)ミッキースワロー79点

 【SIVA(シヴァ)予想】◎(4)レッドレオン、○(14)ミッキースワロー、▲(6)ウインイクシード、☆(11)サンアップルトン、△(1)サトノクロニクル、(10)モズベッロ

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社(東京都渋谷区)と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。名称は競馬場の芝とヒンズー教で創造のための破壊をつかさどるシヴァ神に由来する。

 ▼SIVA指数とは SIVAが過去のレースデータを基に算出する競走馬の評価数値。100点満点で数値が高いほど上位予想となる。◎、○などの予想印の根拠となっている。 

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年3月28日のニュース