【東京大賞典】戦い終えて

[ 2019年12月29日 16:52 ]

<東京大賞典>レースを制したオメガパフューム(左から2頭目)。左端は2着のノンコノユメ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ▼2着ノンコノユメ(真島)いい位置取りで道中運べたし、直線もいい伸びをしてくれた。7歳になったけど馬が若い。このメンバーでもやれることが分かったのは大きい。

 ▼3着モジアナフレイバー(繁田)前が流れていたのでいい感じだと思っていたが…。それでもJRA勢とはやるごとに差を詰めているし、これから先が楽しみ。

 ▼4着ゴールドドリーム(ルメール)いい感じでレースは進められていたが、残り200メートルぐらいで手応えがあやしくなり、最後は脚が上がってしまった。残念。

 ▼8着ケイティブレイブ(御神本)仕上がりも良く、100点満点の騎乗ができたと思う。手応えがなくなったのは、休み明けの前走で好走した反動がどこかにあったのかも。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月29日のニュース