【マイルCS】インディチャンプ90点 強じんな筋肉でマイル体形

[ 2019年11月12日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

強靭な筋肉をしているインディチャンプ
Photo By スポニチ

 インディチャンプはどこから見てもマイル体形。野太い首、肩やトモが強じんな筋肉でせり上がっています。しかも、各部位のつながりに遊びがない四角張ったガチッとした馬格が際立っています。距離には融通が利きませんが、スピードと瞬発力に特化したマイル仕様の体つきです。

 四角張った強じんな体格といえば…。真っ先に思い浮かぶのがラグビーW杯のスコットランド戦で代表初トライを決めたプロップの稲垣啓太選手。こわもてのラガーマンで、スコットランド相手に大金星を挙げた後の集合写真でも笑顔なし。「笑わない男」のニックネームが流行語になりました。

 インディチャンプも安田記念で希代の名牝アーモンドアイ相手に大金星を挙げましたが、今回の立ち姿は当時よりも素晴らしい。頭をしっかり起こして、キリッと立っています。左右の耳と四肢に気持ちが入っている。尾の太さをより鮮明に見せる覇気に満ちた立ち姿です。

 再びマイルのチャンプに輝いて優勝記念撮影に臨んだとしても、馬なので笑顔はありません(笑うように歯をニュッと突き出すのはにおいを嗅いでいる)。稲垣形の強じんな肉体を持つ笑わない男なのです。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月12日のニュース