【船橋・日本テレビ盃】クリソ無傷5連勝!JBCクラシックには行かずチャンピオンズC目指す

[ 2019年9月24日 05:30 ]

日本テレビ盃を完勝し、5戦5勝としたクリソベリル
Photo By スポニチ

 中央交流重賞「第66回日本テレビ盃」(G2)が23日、船橋競馬場で行われた。単勝1・1倍の圧倒的支持を集めたクリソベリルが直線2番手から抜け出し優勝、デビューから無傷の5連勝で3つ目の重賞をもぎ取った。

 川田が「順調に成長すれば、日本で一番を争う馬になると思っている」と最大級の賛辞を与えるように、能力の違いをまざまざと見せつける4馬身差の勝ちっぷりだった。行く馬を行かせて、その後ろで流れに乗って追いだす。音無師が描いていたレースを川田がその通りの騎乗で応えた。

 「少し仕上げが緩かったので、反応が悪いところもあったが勝ったから良かった」と音無師。「第19回JBCクラシック」への優先出走権も奪取したが「浦和の小回りは合わないので行かないと思う。放牧に出してチャンピオンズC(12月1日、中京)を目指す」(同師)とJRAでのG1獲りを目指すことになった。

 ◇クリソベリル 父ゴールドアリュール 母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー) 牡3歳 栗東・音無秀孝厩舎 馬主・キャロットファーム 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績5戦5勝(南関東2戦2勝) 総獲得賞金1億2120万円。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年9月24日のニュース