×

【神戸新聞杯】2着ヴェロックス 川田は「我慢」評価

[ 2019年9月23日 05:30 ]

<神戸新聞杯>2着に敗れ戻ってくるヴェロックス(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 ヴェロックスはサートゥルナーリアを前に見る形で直線に向いたが、川田の手綱が動いてもルメールは持ったまま。ほぼ馬なりのライバルから3馬身差の2着が精いっぱいだった。川田は「力みが強かった。それでもよく我慢してくれたし前哨戦としてはいい内容。サートゥルナーリアは強いと、改めて感じた」と苦笑い。打倒サートゥルは“宿題”として残ったが、その強敵が不在の菊花賞では中心になる。春2冠は2、3着。最後の1冠を全力で取りに行く。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2019年9月23日のニュース