アルバート 京都大賞典で復帰へ!橋口師「順調」

[ 2019年9月11日 05:30 ]

 昨年12月のスポニチ賞ステイヤーズSを右前肢ハ行で出走取消となった後、右前脚の不安で休養していたアルバート(牡8=橋口)は、京都大賞典(10月6日、京都)で復帰する。これが美浦・堀厩舎から栗東・橋口厩舎への転厩初戦。橋口師は「脚元の不安があるので坂路中心の調整ですが、順調に来ています」と話した。鞍上は藤岡佑。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年9月11日のニュース