元俳優で競馬評論家の原良馬氏が死去 85歳 18年度JRA賞馬事文化賞・功労賞を受賞

[ 2019年7月24日 16:30 ]

 元俳優で競馬評論家の原良馬(はら・りょうま、本名荻原昻=おぎはら・たかし)さんが病気のため24日午前7時46分、千葉県浦安市の自宅で死去した。85歳。群馬県出身。通夜は29日午後6時、葬儀・告別式は30日午前10時から、いずれも浦安市千鳥15の3、浦安市斎場=(電)047(316)3611=で。喪主は弟荻原廸彦(みちひこ)氏。

 1954年、俳優座に6期生として入所。NHKドラマ「バス通り裏」などに出演後、スポーツ新聞の競馬記者などを経て、88年、フリーの競馬評論家に転身した。テレビ東京の土曜競馬中継で司会を務めたほか、全国のウインズを巡回するトークイベント「良馬が行く」に出演。競馬の発展に尽力したことから18年度JRA賞馬事文化賞・功労賞を受賞した。近年は体調を崩して、療養を続けていた。

 ※本名の「たかし」の漢字は、昂の日の下の左側が「エ」

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年7月24日のニュース