勘一郎、内モンゴルでも白星 世界を転々とした日々を懐かしむ

[ 2019年2月19日 05:30 ]

藤井勘一郎(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 世界13カ国で騎乗してきた藤井は日本、韓国、中国北部・内モンゴル自治区、シンガポール、豪州の計5カ国で勝利を挙げ、マレーシアはレース騎乗を果たした。その他(米国、英国、仏国、アイルランド、タイ、マカオ、香港)は調教の騎乗研修や免許申請時の競馬場視察などでまたがった。当時を振り返った藤井は「一番印象深いのは内モンゴルでの騎乗。パスポートの入国スタンプを押されると、スタンプラリーみたいで楽しかった」と世界を転々とした日々を懐かしんだ。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月19日のニュース