【日経新春杯】グローリーヴェイズ 手応え2馬身先着

[ 2019年1月10日 05:30 ]

グローリーヴェイズ(右)は併せで追い切り2馬身先着(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 菊花賞5着以来のグローリーヴェイズは、Wコースで4F55秒2〜1F12秒8。3馬身前を行くブショウ(4歳500万)を直線入り口で内からかわし、力強く2馬身先着した。

 尾関師は「しまい重点。先週より素軽さも増した。先週時点で460キロ台半ば(菊花賞は448キロ)で成長も感じる」と手応えを示した。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2019年1月10日のニュース