【エプソムC】戦い終えて

[ 2017年6月12日 05:30 ]

 ▼5着バーディーイーグル(吉田豊)みんな外を回ったので内でロスなく運んだ。直線も内からしぶとく伸びてくれた。

 ▼6着タイセイサミット(戸崎)もう少し時計がかかった方が良さそう。

 ▼7着マイネルミラノ(丹内)作戦通り道中は内から。直線もうまく外に出せたが58キロはきつい。

 ▼8着デンコウアンジュ(蛯名)理想的なレース運びができたが、前回ほど伸びなかった。

 ▼9着フルーキー(北村宏)自分の行きたい進路を行けたが、最後の反応が歯がゆかった。

 ▼10着ナスノセイカン(丸山)伸びてはいるが最後は同じ脚に。

 ▼11着ベルーフ(大野)前が止まらない馬場では厳しい。

 ▼12着ヒストリカル(横山典)イメージ通りのレースはできた。一瞬脚を使ってくれたが…。

 ▼13着カムフィー(吉田隼)前残りの中で伸びてはいるが、展開が厳しかった。

 ▼14着メドウラーク(石橋)出して行ったが外を回る形になって…。馬は良かった。

 ▼15着クラリティスカイ(田辺)出負けして自分の形にならなかった。

 ▼16着レッドレイヴン(内田)道中もリラックスして走ったが、長く休んでいたから。使いつつ良くなれば。

 ▼17着トーセンレーヴ(石川)前めで運んだが、自分でやめてしまうような感じだった。

 ▼18着パドルウィール(池添)4角を回ったところで手応えがなかった。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年6月12日のニュース