【オークス】リスグラシュー 軽め調整で雰囲気上々「順調」

[ 2017年5月17日 05:30 ]

 最終追い切りを翌日に控えたリスグラシューは角馬場で軽めの調整。雰囲気も上々だ。1週前は坂路で4F52秒2〜1F12秒8としっかり負荷が掛けられた。「調教ではメリハリを付けてやる方がいいみたい。その方がカイバ食いにもテンション的にもいいようだ」と矢作師。桜花賞でも2着に健闘したが、「春は最初からオークスと思っていた。大きな上積みはどうかと思うが順調なので」と力を込めていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年5月17日のニュース