【オークス】レーヌミノル85点 体の張り抜群!顔つきも穏やか

[ 2017年5月17日 05:30 ]

優勝した桜花賞時を上回る立ち姿のレーヌミノル
Photo By スポニチ

 レーヌミノルは優勝した桜花賞時を上回る立ち姿です。前肢を前に乗せて立っているため、飛節の深さをさほど感じさせません。顔つきも桜花賞時より穏やか。体の張りも抜群。NHKマイルCの馬体診断なら100点満点の評価です。

 ただし、2400メートル戦ではさほど高い点数をつけられません。肩、トモの筋肉があまりにも立派過ぎるのです。ガチッとした筋肉質な体形。マイラーどころか、スプリンターを思わせる姿です。これだけの筋肉を持っていると抑えるのも容易ではないでしょう。距離延長がネックになります。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2017年5月17日のニュース