【根岸S】ノボバカラ、軽快な脚さばきで坂路4F51秒4の好時計

[ 2017年1月26日 05:30 ]

軽快な脚さばきで好時計をマークしたノボバカラ
Photo By スポニチ

 ノボバカラは坂路単走。終始軽快な脚さばきで4F51秒4の好時計をマークした。

 「しまい重点の追い切り。馬場が重かったのかラスト1Fの時計(12秒8)はかかったが、この馬なりにいい動き。状態はキープしている」と天間師。「芝スタートの方がスピードの乗りがいいタイプ。今回は砂スタートが鍵になるが、実績のある距離なので頑張ってほしい」と手応えをにじませた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年1月26日のニュース