【根岸S】モンドクラッセは稀勢の里!?同厩舎の“弟弟子”に先着

[ 2017年1月26日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=25日】早朝は氷点下まで冷え込んだが、徐々に気温が上昇し始めた午前9時半。根岸Sのモンドクラッセが最終追いのためWコースへ。スケールアップ(4歳500万)を1馬身追走し、直線は内に併せてきっちり1馬身先着した。

 動きを見届けた浜田が厩舎へ向かうと、清水英師が待ち構えていたように切りだした。「予定通り。レースの展開も想定して、ちょうどいい練習になった」。軽快な逃げ脚が武器のクラッセだが、今回は一気に距離短縮しての7F戦。速い馬に行かれても対応できるよう策を講じた。続けて話題の角界に例え「相手の馬も稽古駆けするから、例えるなら稀勢の里と高安かな」。30歳で悲願の昇進を果たした新横綱と、同部屋で切磋琢磨(せっさたくま)しながら背中を追い掛ける弟弟子。6歳のクラッセも“同門”と中身の濃い稽古を積んで念願の初タイトルを目指す。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年1月26日のニュース