【根岸S】末脚自慢カフジテイク好調維持 気抜くシーン一切なし

[ 2017年1月26日 05:30 ]

併せ馬で弾むように坂路を駆け上がったカフジテイク(右)
Photo By スポニチ

 カフジテイクは前半ゆったり入り、そこからスムーズに加速。先にスタートした僚馬メイショウコモレビ(3歳未勝利)にラスト2Fで並びかけ、抜け出してからも軽く仕掛けただけで気を抜くシーンは一切なし。しまい重点で4F53秒6〜1F12秒6を刻み2馬身先着。先週水曜に新コンビ・福永がまたがってCWコースで6F81秒3〜1F13秒0を計時。それを踏まえての最終追い切りだった。

 湯窪師は「先週しっかりやっているからね。その時点で仕上がっているので、今朝は無理せず。動きは良かったし、いい状態を保っています。毛ヅヤもいいので」とイメージ通りを強調。2走前の武蔵野Sは脚抜きのいい重馬場とはいえ34秒2と芝並みの上がりをマーク。前走・チャンピオンズCも直線勝負に懸け0秒2差4着。「充実した今の状態でG1に出したい。そのためにも賞金加算を」と師。自慢の末脚をフルに生かしてフェブラリーSへの道を切り開く。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年1月26日のニュース