展開を読む【北九州記念=ハイペース】

[ 2014年8月24日 05:30 ]

 アンバルブライベンとアイラブリリ。同厩の逃げ馬2頭はアンバルが前で折り合いそうだが、ベルカントもいて激流必至。主導権争いを見ながらエピセアロームが絶好位から進出。差し馬の台頭も十分で、ゴール前で一気に形勢逆転も。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年8月24日のニュース