【小倉新馬戦】セカンドテーブル 直線抜け出し5馬身差の圧勝

[ 2014年8月24日 05:30 ]

 小倉5R新馬戦(芝1200メートル)は、楽々と番手に付けたセカンドテーブル(牡=崎山、父トワイニング)が直線で後続を突き放し、5馬身差の圧勝。義は「攻めに乗って、走るとは思っていたけど、あそこまで強いとは。最後は物見をする余裕があったし、息も上がっていません」と想像以上の勝ちっぷりにニッコリ。距離については「(デビュー戦が)千八でも通用すると思っていましたから」と延びても不安なしのジャッジだった。次走は未定。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2014年8月24日のニュース