【札幌記念】ハープスターがゴールドシップ下す!凱旋門賞へ弾み

[ 2014年8月24日 16:22 ]

ゴール前の直線て゜ゴールドシップと競り合いゴールしたハープスター川田将雅騎手

 区切りの50回目となった札幌記念(G2、芝2000メートル)は24日、札幌競馬賞で行われ、2番人気のハープスター(牝3=松田博資厩舎、父ディープインパクト、母ヒストリックスター)が、1番人気のゴールドシップを下して優勝した。勝ち時計は1分59秒1。

 序盤はトウケイヘイローが逃げる展開。後方から2番手に控えたハープスターは、3コーナー手前で外から“異次元の末脚”を見せ一気に加速し、最後の直線を向いて早くも先頭に。最後方待機の1番人気のゴールドシップも2番手に迫ったが、これを振り切って3/4馬身差で快勝した。さらに5馬身差の3着は7番人気のホエールキャプチャ。

 ハープスターは今春の桜花賞に次ぐ重賞4勝目。この勝利を弾みに凱旋門賞(10月5日、仏ロンシャン)に向かう。
 
 ◆ハープスター 3歳牝馬、父ディープインパクト、母ヒストリックスター。北海道安平町のノーザンファーム生産、馬主はキャロットファーム。戦績は7戦5勝、重賞は今年の桜花賞など4勝。獲得賞金は3億2924万8千円。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2014年8月24日のニュース