【北九州記念】傾向と対策

[ 2014年8月24日 05:30 ]

 芝1200メートルで8月開催となった06年以降の過去8回で傾向を探る。

 ☆前走 オープンの場合は重賞も含め、大敗からの巻き返しも十分。1000万Vからの連勝も2頭いて、上がり馬の勢いに注意。

 ☆年齢 7歳以上の高齢馬は連対なしと苦戦。重量の軽い3歳馬も2着2回が最高で未勝利。4~6歳が中心となる。

 ☆軽ハンデ 53キロ以下が10連対と活躍。一方、トップハンデ馬は、わずか2連対と苦戦傾向。

 結論 ◎メイショウイザヨイ ○ニンジャ ▲ベルカント

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2014年8月24日のニュース