オルフェ ブエナ母・ビワハイジやレーヴドスカーに種付け

[ 2014年4月14日 05:30 ]

 G1・6勝を挙げて今年から種牡馬入りしたオルフェーヴル(牡6)がブエナビスタ、ジョワドヴィーヴルなどの母ビワハイジに種付けしたことが分かった。13日、ノーザンファームの吉田勝己代表が明かした。他にはレーヴディソールの母レーヴドスカーとも交配しており、いずれも受胎している。

 同じく、今年からスタッドインした昨年の年度代表馬ロードカナロア(牡6)は、トゥザヴィクトリーやグルヴェイグ、トーセンジョーダンの母エヴリウィスパーを花嫁に迎え、いずれも受胎が確認されている。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2014年4月14日のニュース