展開を読む【中京スポニチ賞=ハイペース】

[ 2014年1月25日 05:30 ]

 タガノミューチャンが先手を奪おうとするが、エーシンシャラクも簡単には譲らない。6F戦らしい息の入らない流れ。オースミマイカは6~7番手。スピークソフトリーは後方待機から直線勝負へ。追い込み型でも十分に届く。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2014年1月25日のニュース