デニムアンドルビー ドバイWC目指す!鞍上は浜中を予定

[ 2014年1月25日 05:30 ]

 昨年のジャパンC2着馬デニムアンドルビー(牝4=角居)が、ドバイワールドC(3月29日、メイダン)を目指すことが24日、分かった。

 角居師は「選ばれるか分からないがワールドCを本線に考えている」と話した。鞍上は引き続き浜中を予定している。

 同馬はシーマクラシック、デューティフリーにも登録済み。現在は福島県ノーザンファーム天栄で調整中。師は「2月に入ったら栗東に戻す予定。(レースを使わず)ドバイに直行する」と見通しを語った。同厩舎は11年、ヴィクトワールピサで日本馬で初めて、同レースを制している。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2014年1月25日のニュース