スノーフェアリー ジャパンCで引退へ 独サイト報道

[ 2012年9月20日 06:00 ]

独競馬サイトで11月25日のジャパンCで引退が見込まれると報じられたスノーフェアリー

 ドイツの競馬サイト「ギャロップオンライン」によれば、10、11年エリザベス女王杯の覇者で、8日の愛チャンピオンSを快勝したスノーフェアリー(牝5)が、ジャパンC(11月25日、東京)をラストランに引退する見通しとなった。オーナー代理のパトリック・クーパー氏によれば、今秋は凱旋門賞、ブリーダーズCフィリー&メアターフから東京へと向かうプラン。同サイトはデインドリームもジャパンCに出走するとしており、歴史的名牝の激突が東京で実現する。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2012年9月20日のニュース