「万馬券教える」と詐欺 長野、1340万円被害

[ 2012年7月17日 19:31 ]

 長野県警茅野署は17日、同県茅野市の50代男性がボートレースや競馬の当たり券の情報料名目で1340万円をだまし取られたと明らかにした。

 同署は当たり券の情報を事前に提供するのは不可能だとして、詐欺事件として捜査している。

 県警によると、男性はインターネットで都内の会社を見つけ、電話すると「万馬券の情報を提供します」などと言われた。3月上旬から下旬にかけ、会員登録料や情報料名目で現金を振り込んだ。

 4月のボートレースで、事前に教えられた情報が外れ、退会を申し出たが拒否されたという。

 同署は会社に実態があるかどうかなどを調べている。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2012年7月17日のニュース