【スプリンターズS】オーナー「気を失いそうに」

[ 2011年10月3日 06:00 ]

<スプリンターズS>カレンチャンVに笑顔の鈴木オーナー

カレンチャンV

 兵庫県神戸市で眼科医を営むオーナーの鈴木隆司氏(49)はG1初出走初V。「馬主を10年近くやってきたけど、まさかG1を獲れるなんて。ゴール前は気を失いそうになった」と興奮を隠せない。冠名のカレンは長女(かれん)の名前にちなんだものだが「カレンチャンは馬主になった時からずっと温め続けていた馬名。セレクトセール(07年)で見た時に馬体がぷりぷりしていて抜群に良かった。一目ぼれした」と感慨深げに語った。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2011年10月3日のニュース