【スプリンターズS】強い池添、重賞11勝!

[ 2011年10月3日 06:00 ]

<スプリンターズS>プレゼンターを務めた星野真里(右)と記念撮影におさまる池添

 ◆スプリンターズSあらかると

 ▼絶好調 池添は03年デュランダルに続く2勝目。JRAのG1はダービーに続いて今年3勝目で通算14勝目。重賞はローズS、神戸新聞杯に続く3週連続Vで今年11勝目、通算50勝目(史上26人目、現役10人目)。今年の重賞11勝は単独トップ(2位は福永の8勝)。

 ▼3頭出し 安田師は2回目の挑戦で初V。JRAのG1はフェブラリーSに続いて今年2勝目、通算3勝目。重賞は今年8勝目で単独トップ(2位は池江師の7勝)。また、スプリンターズSへの同一厩舎3頭出しはG1に格付けされた90年以降で初。

 ▼クロフネ産駒 08年スリープレスナイトに続いて2勝目。JRAのG1は通算3勝目で全て中山。

 ▼初勲章毛 芦毛馬のスプリントG1制覇は史上初。

 ▼単勝支持率 ロケットマンの単勝支持率54・8%は、98年タイキシャトル(3着)の68・6%に次ぎ史上2位。

 ▼G1での競走(発走)除外 09年オークスのワイドサファイア以来で、84年のグレード制導入以降では9回目。ビービーガルダンの除外に伴う返還金は13億5542万3200円。これは発売金111億1316万9500円のうち、約12・2%にあたる。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2011年10月3日のニュース