【札幌5R新馬戦】スピードが違うゲンテン 楽走V!

[ 2011年9月19日 12:30 ]

 19日の札幌5R「メイクデビュー札幌」(芝1500メートル・良)は、1番人気の ゲンテン(牡2=矢作、父ベルナルディーニ、母ミステリブル)が優勝した。勝ち時計は1分33秒1。

 スタートはバラついた。1番人気のゲンテンが絶好のスタートを決め、そのままハナを奪うと、マイネルシュハリ、パララサルー、バーニングジール、モエレフルールといったところがついていった。

 3、4コーナーを迎えて、依然逃げるゲンテンを外からバーニングがポジションを上げて並び掛けるが、直線に入ってグンとスピードアップしたゲンテンが再び突き放す。内からパララサルーも伸びてくるがこの2頭の追い上げも及ばず。直線半ばで早くも勝利を確信して流す余裕を見せたゲンテンが、終始スピードの違いを見せつけて着差以上の楽勝デビューを飾った。

 1馬身3/4差の2着にパララサルー、そこから3馬身差の3着にバーニングジールが入った。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2011年9月19日のニュース