ドリームジャーニーが引退式 池添騎手「お疲れさま」

[ 2011年9月19日 17:21 ]

 2009年の宝塚記念と有馬記念などG1を3勝したドリームジャーニー(7歳牡馬、池江泰寿厩舎)の引退式が19日、札幌競馬場のパドックで行われた。

 同馬は06年の2歳王者。09年には古馬最強の実力を示し、今年6月の宝塚記念(10着)を最後に引退。今後は種牡馬となるが、主戦を務めていた池添謙一騎手は「お疲れさまと言いたい。子どもに乗るのが今から楽しみです」と話していた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2011年9月19日のニュース