【札幌新馬戦】ヴィルシーナで2週連続V狙う

[ 2011年8月26日 06:00 ]

 先週の札幌芝1500メートルで新馬勝ち(ラシンティランテ)を収めた友道厩舎が今週もまた期待馬を送り込む。日曜札幌5R(芝1800メートル)デビューのヴィルシーナ(牝)は父ディープインパクト、母ハルーワスウィートという血統。種牡馬シングスピールや昨年のNHKマイルCの覇者ダノンシャンティの近親にあたる母は02年開業当初のこの厩舎に在籍し、短距離ダート路線で1000万を勝ち上がった。さらに母の半弟フレールジャックが7月のラジオNIKKEI賞で重賞Vを飾るなど、この厩舎とつながりが深い血統だ。

 現在、函館で調整中。ここ2週は芝で追い切って先週がラシンティランテに半馬身先着、今週は5F69秒5―1F12秒0としまい重点でしっかり伸びてきた。古川厩務員は「稽古は結構やっているし動きもいい。ゲート試験は一発合格。初戦から動けそう」と厩舎にとっての2週連続新馬勝ちを狙っている。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2011年8月26日のニュース