コティリオン屈腱炎発症 全治9カ月と診断

[ 2011年8月26日 06:00 ]

 NHKマイルC2着のコティリオン(牡3=橋口)が左前脚に屈腱炎を発症していることが判明した。セントライト記念での復帰を目指して17日に栗東トレセンに帰厩したが、22日に脚元の腫れを確認。24日にエコー検査を受け、全治9カ月と診断された。近日中に放牧に出される。

 橋口師は25日「突然後ろからハンマーで殴られたような気分。道悪のダービーを走った影響かもしれない。次走の内容を見て秋のローテを決めようと楽しみにしていたのだが…。非常に残念」と肩を落とした。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2011年8月26日のニュース