ディーン・フジオカ 20歳くらいで渡米したまさかの理由 中居正広も驚く「勉強のためじゃないの!?」

[ 2024年6月26日 06:30 ]

俳優のディーン・フジオカ
Photo By スポニチ

 俳優でシンガーソングライターのディーン・フジオカ(43)が25日放送の日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に出演し、渡米したまさかの理由を明かした。

 福島県須賀川市出身で、高校卒業後に米シアトルの大学に留学。卒業後、香港、台湾、インドネシアでの芸能活動を経て、“逆輸入俳優”として日本でブレークした。プライベートでは12年に中国系インドネシア人の女性と結婚し、3人の子供がいる。

 MCの中居正広から「何か国語しゃべれるんですか?」と聞かれたディーンは「仕事してきたのは、香港で広東語からスタートして、その後台湾で中華圏で北京語で、、北米では英語だったりとか、インドネシアだったらバハサ」と明かした。

 米国にも住んだことがあるのか?と聞かれ「20歳前後ですね。トータル5年くらい」と語り、海外に住もうと思ったきっかけを聞かれると「ITの勉強をしに行こうと思った」と語った。

 共演者らから驚きの声が上がったが「…ったテイになっているんですけど」と笑い、中居から「きっかけは、そうだったんじゃない?実際は」とフォローされたが「いや、ちょっと花粉が…耐えられなくて」とまさかの告白。「えっ?」と首をかしげる中居に「花粉症がひどかったんですよ」と明かした。

 「勉強のためじゃないの!?」と驚く中居に「言い訳みたいなものです」と答えると、中居も「正直で面白い」とうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月26日のニュース