「虎に翼」はる日記 愛娘の年収予想まで…寅子&花江にネットもらい泣き「お葬式よりも…最高のバディ」

[ 2024年6月21日 10:15 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第60話。佐田寅子(伊藤沙莉・左)と猪爪花江(森田望智)は猪爪はるの日記を読み…(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は21日、第60話が放送された。話題のシーンを振り返る。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第60話は、猪爪はる(石田ゆり子)と心ゆくまで語り合った佐田寅子(伊藤沙莉)たち。猪爪花江(森田望智)は道男(和田庵)からの謝罪を受け入れる。道男の将来に対して悩む中、寅子は懐かしい人と再会。それは道男にとっても希望の光となり…という展開。

 寅子と花江は頼まれた通り、はるの日記を火に焚べた。はるは10年後まで貯蓄を計画。「収入 寅子ならこのあたりまでいけるはず 寅子 年収 150000円 賞与6月 15000円 賞与12月 15000円…」ーー。

 花江「随分、期待されちゃって。自慢の娘ね」

 寅子「そんなことない。迷惑と心配ばっかり掛けて。でも、私のお母さんが、お母さんでよかった」

 2人は泣き合った。

 SNS上には「2人の自然な泣き笑いに、私ももらい泣き」「寅子ならこのあたりまでいけるはず。お母さんの日記の一文で号泣」「日記を読み、その中に生きているはるさんに再会して、思いがあふれる2人に涙が止まらなかった。お葬式よりも、はるさんとのお別れの時間だった」「よね&轟も最高のバディだが、寅子&花江も最高のバディ。はるさんの日記を燃やしながら語らうシーンで、今更のようにつくづくそう感じた」「お父さんのスクラップは寅ちゃんの再就職に役立って、お母さんの日記は寅ちゃんの家族愛のベースになるんだね。なんて親の愛」などの声。視聴者の涙を誘った。

 24日から第13週「女房は掃きだめから拾え?」に入る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月21日のニュース