「虎に翼」3日連続の悲報 大吉&ネット「まだ水曜…金曜かと」直言“泣き笑いナレ死”直道、優三に続き

[ 2024年5月29日 08:15 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第43話。猪爪直言(岡部たかし)の口からは次から次へ“ぶっちゃけ懺悔”が飛び出し…(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は29日、第43話が放送され、“遅咲きの名脇役”岡部たかし(51)が好演してきた主人公の父・猪爪直言の最期が描かれた。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第43回は1946年(昭和21年)秋、猪爪直言(岡部たかし)は半年近く佐田優三(仲野太賀)の死亡告知書を隠していた。栄養失調と肺炎が悪化し、もう長くはないと診断。みるみる衰弱し、最期を悟ると、家族を枕元に集めるが…という展開。

 寅子の結婚相手は花岡悟(岩田剛典)がよかったなど、直言の“ぶっちゃけ懺悔”連発で泣き笑い。最後は「数日後、直言は静かに息を引き取りました」(語り・尾野真千子)。第41話(5月27日)は猪爪直道(上川周作)の戦死、第42話(5月28日)は優三の戦病死が判明し、そして、この日の第43話は直言。3日連続の悲報となった。

 同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の“朝ドラ受け”。博多華丸は「微笑ましかったですけどね」、鈴木奈穂子アナアナウンサーは「思わず吹き出してしまうシーンですけど」、博多大吉は「まだ水曜なんですよね。金曜日みたいな終わり方だなと思って」と語った。

 SNS上にも「(岡部たかしが)プレミアムトークに出るから、金曜に直言さん亡くなるのかなと思っていたけれど、まさかの水曜日だとは」「明日と明後日、寅子の再起に期待」「直言に相応しい、彼のダメさ、弱さ、優しさを思い返した上で微笑みながら見送れるという稀有な回だった。泣き笑いしながら見ていたけど、月曜に直道、火曜に優三、水曜に直言を失うという地獄のデスロード週であることを忘れてはいけない」などの声が上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月29日のニュース