布袋寅泰 COMPLEXドーム終え感謝「これからもポジティブなエネルギーを」 収益は全額被災地へ

[ 2024年5月17日 16:32 ]

布袋寅泰の公式インスタグラム(@hotei_official)から

 ギタリスト布袋寅泰(62)が17日、自身のインスタグラムを更新し、15、16日に吉川晃司(58)とのロックデュオ「COMPLEX」が行った東京ドーム公演に感謝をつづった。

 能登半島地震の復興支援を目的に開いた2日間公演で、10万人を動員。1988年に結成した伝説的ユニットの13年ぶり再結成ステージは、大盛り上がりのまま幕を閉じた。

 熱狂から一夜明けたこの日、布袋は「COMPLEX 能登半島地震復興支援ライブ『日本一心』が無事に終了しました」と報告。「復興支援に賛同し全国から集結してくれた10万人のオーディエンスの心が一つとなり、とてつもないエネルギーに満ちた東京ドーム2日間。ステージから見た感動の光景は生涯忘れません。皆さん、熱い応援を本当にありがとうございました」とファンに感謝した。また「支えてくれたバンド、そしてこのライブを実現してくれた全てのスタッフに心から感謝いたします」と、周囲のサポートにも謝意を伝えた。

 コンビを組んだ吉川についてもつづった。「そしてボーカリスト吉川晃司の太く伸びやかで魂の籠った歌に心が震えました。2日間、隣でギターを弾けて幸せでした。ありがとう」。また「本公演の利益の全ては被災地の復旧、復興のために、責任を持って寄付させていただきます」と約束し、「全国の皆さんからのエールが被災地の皆さんに届きますように」と願いを込めた。

 「音楽を通じてこのようなアクションを起こせたことを誇らしく胸に刻み、これからも皆さんにポジティブなエネルギーを伝え続けていきたいと思います」と、音楽を通じての支援に自信を示した布袋。「またお会いする日を楽しみにしています!ありがとうございました」と投稿を締めくくった。

 布袋の熱い投稿に、投稿欄には「金沢、能登にパワーが届いたと思います!」「復興支援の為にまた立ち上がっていただき、復興支援参加できて幸せな時間でした」「2人と共に復興支援に賛同できたこと、誇らしく思います」と、2人への感謝や被災地へのエールが多数、届いていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月17日のニュース