フジ「TOKIOカケル」枠で新番組「週刊ナイナイミュージック」を放送開始 23時台に6年ぶり音楽番組

[ 2023年9月4日 12:12 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビは4日、東京・台場の同局で10月期の改編説明会を行い、「TOKIOカケル」の枠移動を発表。後番組として「週刊ナイナイミュージック」(水曜後11・00)が放送開始することを明らかにした。

 「週刊ナイナイミュージック」は、岡村隆史“記者”と矢部浩之“編集長”が今最も熱い音楽トレンドを多才な切り口で紹介する新感覚音楽情報バラエティー。コンセプトは架空の音楽雑誌で、スタジオトークやVTR企画など、さまざまな角度からアーティストを掘り下げていく。雑誌にいろんな記事があるように、番組でも幅広い展開を目指す。

 フジ23時台に音楽番組が誕生するのは6年ぶり。並々ならぬ覚悟で臨む。同番組では、スタジオでのトークや、ゲストのパフォーマンスに加え、音楽業界を支える裏方、振り付け、衣装、ライブのセットなど、普段みれない裏側にも密着。ナインティナインがライブのロケに行くことも。

 岡村は「見ている人も一緒になって楽しめる、わちゃわちゃする番組にする。私もボイストレーニングします」と意気込み。矢部は「メチャめちゃいけてる音楽番組になればいいな」と茶目っ気たっぷりにコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年9月4日のニュース