PR:

「トット」上方漫才協会大賞「次はM―1を」特別賞にはゆりやん

「第3回上方漫才協会大賞」を受賞した(最前列右から)「トット」の桑原雅人と多田智佑、中田カウス、中田ボタン、ハイヒール・リンゴら
Photo By スポニチ

 「第3回上方漫才協会大賞」が8日、大阪ミナミのなんばグランド花月(NGK)で発表され、「トット」が大賞に輝いた。特別賞にはゆりやんレトリィバァ(27)が輝いた。今年からノミネート対象が東京にも広げられ、大賞候補には「トット」、ゆりやんレトリィバァの他に「ミキ」、「さや香」、おばたのお兄さん(29)、横沢夏子(27)、「相席スタート」、「おかずクラブ」ら55組が挙がっていた。

 大賞を受賞したトットは16年にNHK「新人お笑い大賞」、17年にKTV「上方漫才大賞・新人賞」を獲得するなど実力も急上昇。また、観客投票による「男前芸人ランキング」ではツッコミの多田智佑(32)が1位、ボケの桑原雅人(32)が4位と“イケメン”としても人気者となっている。

 9日が32回目の誕生日の多田は「いいプレゼントになりました。今年、いいスタートを切れたんで、この賞に恥じないよう、頑張ります」と大喜び。桑原は昨年暮れのNGKリニューアルオープン・セレモニーで、割れなかったくす玉を、183センチの長身を生かして割ったことで有名に。「あれからラッキーが続いてます。嬉しい。次はM―1を」と鼻息も荒い。トットは初の全国ツアーを予定している。上方漫才協会会長の中田カウス(68)は「トットは非常にバランスの取れたコンビ。あとは(緑の)衣装かな?」とさらなる飛躍を望んだ。

 また、特別賞のゆりやんレトリィバァは17年にNHK「上方漫才コンテスト」、NTV「THE W」を優勝するなど、女性ピン芸人として注目を浴びた。

 芸歴7年目以下の芸人が対象の「新人賞」には「さや香」「霜降り明星」「コウテイ」、東京から参戦の「ゆにばーす」「やさしいズ」「ラフレクラン」の6組がノミネート。この日のネタバトルで「ゆにばーす」が「新人賞」を獲得した。

 他には、「話題賞」に「ニューヨーク」、「文芸部門賞」に「てんしとあくま」「プリマ旦那」「さや香」の3組、「トータルコーディネイト部門賞」に「おかずクラブ」「十手リンジン」「戎」の3組が輝いた。「ブサイク芸人ランキング」ではアインシュタインの稲田直樹(33)が昨年に続き、連覇を果たした。

 大阪のお笑い芸能文化の継承と発展のために、漫才師を育成しサポートしていく「上方漫才協会」が主催。協会は14年に発足。大賞は第1回がアインシュタイン、第2回は吉田たちが大賞を受賞。今年で3回目を迎えた。この様子は関西テレビで20日(深夜1・45)に放送される。

[ 2018年1月8日 22:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月19日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル