そこが問題じゃない IKKO、セクハラ騒動の行司「男色じゃない」発言に怒り

[ 2018年1月8日 12:45 ]

IKKO
Photo By スポニチ

 美容家でタレントのIKKO(55)が8日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。10代の若手行司にセクハラ行為を行ったとして問題となっている大相撲の立行司、第40代式守伊之助(本名野内五雄、58)の弁明に不快感を露わにした。

 番組では、伊之助が危機管理委員会の聴取に対して「泥酔していたので覚えていない。自分は男色の趣味はない」などと回答したことなどを紹介した。

 大相撲の元藤島部屋、二子山部屋のおかみさんでタレントの藤田紀子(70)は今回の騒動について「怒りより笑っちゃう」とあきれ顔。それでも「今回、いろいろあった後に出て良かった」とし、「最高位の人が何も言えない10代の人に対してやったこと、これで済んで良かったと思う」と事件が明るみになって良かったという見解を示した。

 そんな中、IKKOは「聞いたときに凄いショックだった」と伊之助の弁明にかみ付いた。「男色ってどういうことを言ってらっしゃるかわからないですけど、問題になっているのは、未成年の方にショックを受けるようなことをしたのが重要であって、“自分は男色じゃない”って、何をおっしゃりたいんだろうと、私は思っちゃう。同性愛の人間が未成年に対してこういうことやるんですか?とても納得いかない」とぶ然とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年1月8日のニュース