嵐・二宮 リハーサルでの敗北に強がり「本番のために今は」採点シーンをシミュレーション

[ 2017年12月30日 15:44 ]

第68回NHK紅白歌合戦リハーサル2日目、紅組司会の有村架純(左)と総合司会の内村光良
Photo By スポニチ

 大みそか放送の「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)リハーサル2日目が30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。午後には、全出演者がそろっての顔合わせ、全体リハーサルなどがあり、オープニングやエンディング、企画コーナーなど、出演者が勢ぞろい。普段は同じステージに立つこともアーティスト同士が談笑する姿も多く見られた。

 オープニングでは、紅白用に撮影された撮りおろしのスペシャル映像も公開し、会場を沸かせた。初出場の「Hey!Say!JUMP」は1曲目として登場。総合司会の内村光良(53)が番組で共演中のメンバー、山田涼介(24)に「緊張してる?」と声をかけると、「非常に」と苦笑。それでも「ComeOn A My House」を元気にパフォーマンス。サビで出演者たちも振り付けに参加し、盛り上げた。

 エンディングでは、昨年はわかりづらいと物議を醸した採点シーンもシミュレーション。リハーサルでは、昨年同様、紅組の勝利となると、「三連覇おめでとうございます!」と振られた紅組司会の有村架純(24)が恐縮すると、白組司会の二宮和也(34)は「本番のために今は負けています」と強がり、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月30日のニュース