天海祐希“腰のライン”で魅了 小日向文世「つい目が行ってしまう」

[ 2017年4月11日 06:25 ]

テレビ朝日「緊急取調室」制作発表会見で、桜の木の下で手を振る(左から)小日向文世、天海祐希、田中哲司
Photo By スポニチ

 女優の天海祐希(49)が主演するテレビ朝日のドラマ「緊急取調室」(20日スタート、木曜後9・00)の制作発表が10日、東京・六本木の同局で行われた。

 警視庁の取調室での戦いを描く物語の第2弾。共演の小日向文世(63)は天海の印象について「一言で表せば“兄貴”。ただ、腰のラインがきれいなので、つい目が行ってしまう。“腰のラインがすてきな兄貴”です」とニヤリ。

 天海は「今年度の誓い」として色紙に「頑張る」と書いて「(8月に)50歳になるので、より良い人間になるよう頑張ります」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月11日のニュース