「真田丸」佐助、きりに求婚も“超高速断り”で玉砕 ネット反響「笑った」

[ 2016年12月4日 22:01 ]

大河ドラマ「真田丸」で、きり(長澤まさみ)にプロポーズした佐助(藤井隆)(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は4日、第48話「引鉄(ひきがね)」を放送。お笑い芸人の藤井隆(44)演じる真田家家臣の忍び・佐助が、女優の長澤まさみ(29)演じる、主人公・真田幸村の生涯のパートナー・きりにプロポーズしたものの、秒殺で玉砕した。SNS上では「答え早すぎ!」「笑った」などと反響を呼んだ。

 豊臣と徳川の和睦の後、大坂城の砦・真田丸は取り壊される。幸村(堺雅人)は起死回生を狙い、家康(内野聖陽)の暗殺を佐助(藤井)に命じる。佐助は、もし家康暗殺に成功したら夫婦になってほしいと、きり(長澤)に告げた。
 
 きり「お気をつけて」
 佐助「ひとつだけお願いがあります。もし無事に帰ってきたら夫婦(めおと)になってもらえませんか」 
 きり「(食い気味に)ごめんなさい」
 佐助「はっ!」(言葉を発しながら姿を消す…)

 信繁(幸村)が幽閉された九度山生活を描いた第38話「昌幸」(9月25日放送)に“予兆”はあった。佐助は、きりに似顔絵を手渡し「絵も上手」と褒められると「スッパですから」と大照れ。きりに恋心を抱いていることが暗示された。

 インターネット上には、きりの“高速お断り”に「悲報。きりにフラれる」「きりちゃん早っ!!」「即答に声出して笑ってしまった」などの書き込みが相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年12月4日のニュース