フジテレビ番組で「人権侵害」 遺族らがBPO申し立てへ

[ 2015年7月4日 13:00 ]

 フジテレビの情報バラエティー番組で人権を侵害されたとして、自転車による死亡事故の被害者遺族らが近く、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を申し立てることが4日、分かった。

 申し立てるのは、母親が自転車にはねられ死亡した男性と、男性が所属する「関東交通犯罪遺族の会」。

 関係者によると、2月17日にフジ系で放送された「カスペ!『あなたの知るかもしれない世界6』」は、自転車事故の「当たり屋」をテーマにした再現ドラマと共に男性のインタビューを放送。男性は、被害者の多くが当たり屋だとの誤解を与える内容などと主張し、フジテレビに謝罪を求めている。男性らは近く、記者会見するという。

 フジテレビは「男性のインタビューと再現ドラマは関連づけていない。ドラマも、複数の人への取材に基づいて制作した」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年7月4日のニュース