「ドリームボーイズ」で玉森裕太に中山優馬が闘志

[ 2015年6月18日 05:30 ]

 Kis―My―Ft2の玉森裕太(25)と、俳優で歌手の中山優馬(21)が17日、都内で行われた帝国劇場9月公演「ドリームボーイズ」の製作発表に出席した。2人がダブル主演を務め、帝劇ジャニーズ公演では初のダブルキャストで上演される。

 玉森主演版ではキスマイの千賀健永(24)、宮田俊哉(26)。中山主演版ではSexy Zoneの菊池風磨(20)、マリウス葉(15)が出演する。玉森は「この6人で新たなドリームボーイを見せたい」と抱負。中山は「先輩たちからいいところを盗みたい。ライバル心はもちろんあります」と闘志をあらわにした。

 ボクシングを題材に少年たちの友情を描く作品で上半身裸のシーンも多いだけに、菊池は「体づくりはもう始めてます。ラグビー部と同じトレーニングをこなしてます」と明かした。

 作・構成・演出を務めるジャニー喜多川社長は「本人たちがそれぞれの演出をするから新しい作品が見られる。ダブルキャストの方が面白くなりそう」と期待を寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2015年6月18日のニュース