あのマツコ“酷評”「キャビア味」ポテチの再販決定!

[ 2015年3月27日 15:05 ]

マツコ・デラックス

 10日放送のTBS「マツコの知らない世界」(火曜後9・00)で、マツコが“酷評”した山芳製菓株式会社の「キャビア味」の再販が決まった。

 山芳製菓は「わさビーフ」などのポテトチップスで知られている。番組内で、ほかのポテトチップスに関しては「おいしい!」と食べていたマツコだが、昨年数カ月間だけ販売されていた“幻の味”「キャビア味」を口にすると「まずい!」「よく、こんなもん売ったわ、本当!」 「くっさいもん」と連発。

 だが、その徹底的な否定が逆に話題になり、視聴者からの問い合わせも多かったことから再販が決まったもの。山芳製菓は公式ツイッターで発売日を4月6日と告知。「テレビ番組で良くも?悪くも?話題なったキャビア味。その反響の大きさから今回の決定になりました。売れるか売れないかよりも、面白がる姿勢での会社の決定だと私は感じています。怖いもの見たさで食べてみたいという方も多いと思いますが、ぜひぜひお試し頂ければと思います」とし、「発売への賛否による社内の混乱も これで終了となりました」とした。

 同番組では、揚げたてをすぐに配送する「できたてポテトチップ」が紹介された菊水堂(埼玉県八潮市)のホームページが一時ダウンするほどの反響。マツコの「おいしい」は経済効果約8億円と、今年2月放送の日本テレビ「月曜から夜ふかし」(月曜後11・59)で関西大学の宮本勝浩教授が発表したが、「まずい」も同様に大反響となっている。

 山芳製菓の担当者によれば、これまでも「あの味が忘れられない」などどいうリクエストからリニューアルでの再販が行われたことはよくあるが、1回のテレビ放映での再販は「これまでない」と驚いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年3月27日のニュース