ストーカー被害ウソのアイドル グループ脱退…復帰模索も

[ 2015年2月17日 12:05 ]

 女性アイドルグループ「CoverGirls」の出口莉奈(23)夏樹美沙憧(16)がグループを脱退することが16日夜、公式ブログで発表された。出口は昨年10月、ストーカー被害に遭ったため当面、活動を休止すると発表したが、これがウソだったことが分かり、波紋を呼んだ。

 「このたび、活動休止中の出口莉奈、夏樹美沙憧はCoverGirlsを脱退することとなりました。それぞれ復帰を模索しておりましたが、残念ながら本人の意向や現在の環境が活動できる状況にないと判断するに至りました」と報告された。

 出口は昨年10月21日、東京・新宿で開かれたライブへの出演を取りやめた。前日20日、性犯罪の被害に遭ったと警察署に訴えたが、その後の事情聴取で「実際には被害を受けていない」と説明を一転。22日に被害届を取り下げた。 「ウソだった」と説明し「ライブに出なくて済むと思った」と弁解したという。

 「CoverGirls」は2025年から来た「キミ色リアリティーアイドル」がコンセプト。グループ名は「いつか雑誌の表紙を飾るトップアイドルグループに」という意味を持つ。2011年8月、20人態勢によりステージデビュー。同年11月、デビュー曲「世界はあざやか」を発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年2月17日のニュース